常に起こる変更をレーベンハウスと対策

レーベン工房の保土田(ほとだ)です。


解体を始めると想定していなかったことが見えてきます。


未熟さを感じます(泣)。


通常換気扇のダクトは天井裏を通します。

大きな梁が出てくると予定していたルートを変更しないといけません。


今回はレーベンハウス浦和店との協業なので協議。


今回は梁の下を潜らせます。


天井を一定範囲落としてダクトのルートを確保し、


その空間にダウンライトを入れてマイナスをプラスに変えることにしました。


関係者との密なコミュニケーションと即断即決がリフォームのポイントですね。


レーベンコーポレーション

レーベンコーポレーションは 高崎線沿線でアパートマンションを約5000室を管理する会社です。 レーベンコーポレーション・テクニカル部門のブログを是非、ご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000